「そこ!修正しろっ!」だってさ〜 - 私が信じてやまない幸福の科学

「そこ!修正しろっ!」だってさ〜


個人的な話ではありますが
先日
少しショックで残念な事がありました


当ブログに何度か書いてますが
私は随分昔から某悪魔クンと戦っています

相手が誰かハッキリ理解できたのは
幸福の科学に入って20年近く経ってから

これは、さらにそれより
何年も後にやっと解った事ですが
その悪魔クンには
入会以前も「お世話」になってました

無論その頃には戦うような術を
何一つ持ち合せていないのもあって
やられ放題やられてましたけど・・・・・・

その時に
人生が崩壊するまで行かなかったのは
何方かが
天界から護ってくれていたんでしょうね
きっと


これも以前書いた事ですが(たぶん)
私のようなぺーぺーの、ただの会員に
名の知れた悪魔が関わってくる、なんて
ただただ驚きでした

それまでの自分を詳しく知る私としては
(自分自身なんですから当たり前ですが)
ありえない話

そんな悪魔は
もっともっと力のある人の邪魔をするもので
私のように
末席を汚してばかりの人間のところへは
絶対にやって来ない

と信じ切ってましたから


話は戻りますが
先日、某霊人と会話してて
どうやら私の過去世に、その悪魔クンと
近いポジションの転生があった
との事でした

まあ、それは納得です

普段から、その手の嗜好が心の底に
有る自分には気づいていましたし

単なる一般ピープルである私が
有名な悪魔に攻撃されるのも
それが縁
と考えれば納得いきます


ショックだったのは、その後

その嗜好が原因で
私はリラックスが出来ず
結果として
他の人より、かなり早い段階で消耗し尽す

と指摘された事です


普段から何をやっても
肩をいからせて全力疾走

のんびりやっても
ちっとも楽しくないんです

その点モータースポーツや格闘技は
性に合ってました
全力でアタックできる世界ですからね

普段抑えて抑えてる闘争心を
剥き出しにしても責められる事は無く
それどころか褒められる

まあ、そんな世界も
心がどんどん成長するにつれ
全然面白くなくなりましたが


幼少時から自分の底に脈々とある
強い強い闘争心が嫌だったんです
時々ふとした弾みで、それが出てしまい
先生や友達が腰を抜かした事もあります

厳格な教育を受けた私は
どちらかと言えば真面目で礼儀正しい子供
として通ってましたので

その点、本当に気楽だった・・・・・・
レースや格闘技は

マグマのような闘争心を隠し通す為
緊張する事もなく
ただただ他人を叩き潰すのに
専念すればいい世界は
本当に気楽でした・・・・・・

ちなみに
殺伐としたその頃より
かなり大人になった今でも
幸福の科学はあまり居心地良くありません

支部長が過去世の親友なんで
毎週行ってるけど
それがなければアホくさくて
とてもじゃないけど、行きません
(精舎は行くけどね)

皆、自分が悟る事しか考えてない

考えてる事がショボ過ぎ

スケールが小さ過ぎて
面白くも楽しくもない


まあ、それは今回の趣旨ではないので
置いとくとして


そんな闘争的な自分が
嫌で嫌で
どうしようもなく嫌ってる
過去世の別な自分もいた訳です

当ブログはソチラの
大人しい方の個性で書いてます


また話が外れましたが

何をやっても全力でアタックしてしまい
息抜きやリラックスが一切できない
あげく、消耗し尽してしまう私

その霊人には

その思考回路が貴方の唯一ダメな点だ
そこは何としても悟らなくてはならない
でなければ、この後に予定されている
仕事を成し遂げるのは無理です
途中で貴方は尽き果ててしまうでしょう
絶対に絶対に絶対に悟りなさい!


と叱責されました


はぁぁぁ
そうなんだよね〜・・・・・・・・

身内にも見放される程の
度を過ぎた
OFFになる事のない一生懸命モード

同じような人
沢山いるでしょ?
(過去世がウォーリアーの人には多いよ)

これから
ボチボチ修正かけていきます・・・・・・・・

八正道ですね



今回は個人的な内容に終始してた

と思う人もいらっしゃるでしょうが
同じ欠点で悩む人向けに書いてみました




にほんブログ村へ
タグキーワード
2017-04-19 17:46 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 私が信じてやまない幸福の科学 All Rights Reserved.